女性特有の病気に備えた「女性専用」医療保険の重要性

117824

医療保険の重要性が叫ばれて久しいですが、最近では女性のための女性専用の医療保険も登場しています。女性には女性特有の病気に罹るリスクが高いとされています。

例えばもっとも象徴的なのはがんです。乳がん、子宮頸がんなどは女性特有のがんで、子宮筋腫や卵巣機能の障害なども多く女性を悩ませています。

また女性には妊娠や出産を経験して帝王切開などの措置を取ることも多く、医療保険の重要性は男性より高いと言われています。

男性の1.34倍。女性が患者になる確率は男性より高い

厚生労働省の調べでは男性より女性が患者になる確率は1.34倍も高いとされています。妊娠や出産があるにしても、女性特有の病気も重なり医療と女性の関係というのは切っても切り離せないものがあります。

そういった女性特有の病気に備える保険のニーズは多く、現在ではたくさんの女性専用医療保険が商品として販売されています。

女性の特有の疾病である乳がん、子宮がん、卵巣がん、その他の疾病に対して、通常の医療保険よりも手厚い保障内容を用意しているのが女性保険の特徴です。入院給付金や手術給付金など通常の1.5倍から2倍の補償がされることが多く、もし実際に病気に罹患してしまったときに安心できる保険内容となっています。

女性保険は手厚い補償が魅力。ただし保険料は割高

女性保険は女性特有の病気に備えるために非常にニーズが高くなってきて、それに合わせて保険会社から次々に保険商品として展開されています。「女性専用」「女性限定」「女性疾病型」などの言葉が並び、人気も上昇してきていることは間違いありませんが、すこしだけ注意点もあります。

それは月々に支払う保険料は比較的高めに設定されているという点です。女性特有の病気による入院や手術を手厚く補償してくれるという恩恵がある一方で、それを担保する保険料が高くなってしまうのは、すこし頭の痛いところです。

ただし公的医療制度の対象外となっている先進医療もサポートしてくれる女性医療保険も存在するので、自分にとって魅力的な医療保険と判断すれば入っていて損はなさそうです。

女性向け医療保険の一長一短を理解して最適なプランを選びましょう

女性向けの医療保険は、女性特有の病気や妊娠、出産に備えた女性のための医療保険です。最近は人気も高く、ニーズも増えてきています。乳がんや子宮がんなど女性特有の病気のリスクの話題はつきません。入院や手術、治療にかかる医療費を手厚く支えてくれる反面、保険料が割高になってしまうところが注意が必要です。

検討している女性医療保険が自分にとって最適かどうかを判断して、自分にピッタリの医療保険を選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする