難病でも医療保険に入れる!告知アリで限定加入できる保険はある

【緑】低解約終身保険

世の中には難病と呼ばれる原因不明で治療が難しい病気に苦しむ人がいます。難病の種類は数多く、その病名も難解なものも多いので一般に知れ渡っていないのはやむを得ないかもしれません。

一般的に難病患者は医療保険に加入できないと思われがちですが、必ずしも最初から加入できないと決めつけて諦めることはありません。

少し前にALSという難病を支援するアイスバケツチャレンジが話題になりましたが、医療保険の観点からも難病をサポートする取り組みはあります

国が指定する難病は多種多様。特定疾患があっても入れる保険

難病とは一般的に厚生労働省が定める特定疾患と呼ばれるものです。

モヤモヤ病、膠原病、悪性関節リウマチ、再生不良性貧血、若年性肺気腫、原発性高脂血症、メニエール病などここで列挙しただけでもこれだけのものが出てきます。

これらの病気は原因不明で治療方法も確立されていないので、治癒する見込みもなく暫定的な治療を継続していかなければならないので一般的には医療保険などに加入できないとされています。

継続する医療費や精神的負担を抱える患者にとってとてもつらいものですね。しかしこういった難病を抱えている人のために作られた医療保険もすこしはあるようです。難病に対応した医療保険なら限定的ではありますが難病を患っていても医療保険に加入できる可能性があります。

簡単な健康告知に関する質問に答えるだけですぐに加入できることも

膠原病やパーキンソン病、ダウン症などの難病を患っていても、加入できる医療保険とは一体どんなものか疑問に思いますよね。

しかし過去半年や1年以内に入院をしたことがなかったり、過去一定期間に医師に手術や入院をすすめられたことがないと告知することができれば、難病や障害を患っていも加入できる医療保険に入ることができます

病気やケガで入院した場合は日額1万円を支給されたり、手術をした場合には5万円が支給されたりと内容も充実しています。

これまで「難病を患っているから」と医療保険への加入をあきらめていた人にとってもサポートとなる保険があるということはぜひ押さえておきたいポイントです。また難病法も改正されて難病患者に対するサポートの形も変わりつつあります。

難病を患っていても医療保険に加入できる事実を忘れずに!

これまで医療保険は健康な人でないと入れないとされていましたが、障害や難病があっても加入できる医療保険もすこしずつ増えてきました。過去の一定期間の入院や手術の事実がなければ難病を抱えていても加入できる医療保険は存在します。

告知内容や特定の難病によっては加入できないこともありますが、すこしずつ難病を支援する枠組みというものは出来上がっているといっていいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする