医療保険にがん特約をプラス。がん保険とがん特約の違いは?

133897

日本人にとって怖い病気とされる三大疾病。その中でもがんになるのは非常に怖いことです。

「家族ががんになってしまった。」「なんでがん保険に入っていなかったんだ。」などいざがんに罹ってから気づく重大な事実。手術や抗がん剤治療など治療費が高額になることもあります。また先端医療などを受けるときには公的医療保険が適用されないことも。元気なときにこそ、がんも見据えて不測の事態に備えておきたいものです。がん保険とがん特約の違いを比較していきましょう。

関連記事:全額自己負担の先進医療技術にこそ医療保険に加入しよう!

医療保険とがん保険の違いは?病気や期間・保障内容を見ていきましょう

医療保険とがん保険の主な違いは、医療保険が疾病やケガに対して保障される保険であるのに対して、がん保険は癌にのみ適用される保険です。医療保険でもがん治療がまったく保障されないということではなく、入院や手術など一時的な大きな出費を軽減してくれます。

ただがんの場合は再発や抗がん剤治療などで治療が長期化しやすく、また先進医療など高額医療費を賄うにはがん保険しかないといわれています。また民間の医療保険には、癌など三大疾病に対応していないものもあるので、自分の加入している(または加入を検討している)医療保険がどのような病気を対象として、どのような補償内容であるかは事前に確認しておくことが求められます。

医療保険でもがん特約を付帯させれば怖くない!¥

医療保険はがん保険と違い、入院日数の限度や治療方法などの選択など、がん治療に関して補償内容は限られてしまいます。

しかしがん治療に関連する特約を結べば、がん保険並みに手厚い保障が受けられることもあります。手術後の抗がん剤治療費の捻出や例えば病院でがんと診断されると「一時給付金」としてまとまった治療費が支給されるなど、もしものときにそなえるプランが用意されています。また医療保険では入院による差額ベッド代などが支給されますが、支払の限度日数に上限がある場合があります。特約を結んでいると入院や通院が長期化しても安心して治療に専念できるというメリットがあります。

特にがんは発見が遅れると再発のリスクが高くなる怖い病気です。医療保険とがん保険の違いを押さえてもしものときにそなえましょう。

がん特約があれば医療保険もガン保険並みに手厚い!

日本人の死亡率で高い病気であるがん。癌にかかると本人だけでなくそれを支える家族もかわいそうです。特に胃がんや肺がんは死亡率が高い病気として有名です。

医療保険だけでなくがん保険にも加入して万全の体制を整えたいものです。ただ保険の支払いを節約したいのも正直なところです。そういうときは加入している医療保険にがん特約がプランとしてないか調べましょう。

特約を結ぶことでがん保険並みに手厚い保障が受けられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする