訪問介護とは?訪問看護を受けるための医療保険はどんなときに適用されるの?

Home Medical Care - doctor and nurse smiling with car in the background.

訪問看護に注目が集まっています。訪問看護とは看護師などが訪問看護を必要とする人のお家に行って、医師の指導を受けてさまざまな看護やケアを行なうことです。

認知症で看護を必要とされる方や、終末期の医療を在宅で受けたい方などが行う必要性があります。日常生活や療養環境に関する指導も行い、在宅でリハビリテーションを行うためにもニーズが高くなっています。

そんな訪問看護の必要性やどんなときに医療保険が適用されるのかを順を追ってみてみましょう。

訪問看護で医療保険が適用されるのはどんなとき?

在宅で看護師などから看護やケアを受ける訪問看護も医療保険適用の対象となってきます。基本的には病気や疾病を持っていて自宅で療養をしている人ならば、訪問看護を受けることができます。

訪問看護をしてくれる人を派遣するところは、病院や診療所、訪問看護ステーションなどがあります。利用料金は主に訪問看護の利用料と看護師さんたちの交通費などの実費です。利用料の負担は公的医療保険を利用した際の自己負担分は2割から3割といわれています。

ただ看護師に自宅に来てもらうための交通費などの費用に関しては、医療保険が適用されないことも多く実費となるので注意が必要です。ただ交通費は訪問看護ステーションによってはkmあたり数百円といった場合がほとんどです。

長期化する在宅療養のためにも医療保険の加入が必要

このように訪問看護は今後高齢者が多くなっていく日本の現状を考えると決して軽視できる問題ではないようです。

末期がん患者や終末医療を受ける患者さんだけでなく、訪問看護事業は厚生労働大臣が認定する難病患者も対象としています。こういった病気で苦しむ人たちにとっての訪問看護になってくると療養が長期化することも予想されます。

また看護を必要とする人の食事や洗髪、排泄などの心身のケアだけでなく、精神的なケアや家族の相談にも乗ってもらえるので訪問看護を必要とする状況にあれば積極的に活用したいものです。民間の医療保険に加入してあらかじめ備えておくことが大切ですね。特にこれからは医療保険の役割というものは重要になってきます。

家族を訪問看護が必要になったときのために医療保険を

これから日本は超高齢化社会に突入するにつれて、終末期のターミナルケアや認知症医療を必要とする人たちが増えてきます。そういった人たちに対応するために訪問看護というものがあります。医師の指示のもとに患者さんの心身のケアをしてくれる看護師が訪れます。この医療サービスは長期化することも多いのであらかじめ医療保険に加入しておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする