子供に合わせた上手な医療保険の取り入れ方をご紹介

124860

最近、子供の医療費を心配して子供を医療保険に加入させようとする親が増えています

子供が少ない時代では相対的に子供の価値が上昇するので、手厚く子供の将来を考えることは当然といえば当然ですが、本当に子供に医療保険は必要なのでしょうか?子供の医療を考えたときに、国や自治体などの充実した支援があるということを認識していない人も多いようです。

これから子供を産む人のためにも子供と医療の関係について考察しましょう。

子供の医療費が無料な自治体も。手厚い助成がある

医療保険というものは、当たり前ですが、医療費を賄うための保険です。これは高齢になるほとリスクが高くなり、若い世代は保険料が安くなったりと病気やケガになる可能性が低いことがわかります。

さらに乳幼児や小学生、中学生などの子供世代にはそもそも大きなリスクはないのです。また子供が病気やケガをしても、それを公的医療保険制度の自己負担の割合もすべての世代を通じてもっとも少ないとされています。そればかりか、市町村や自治体によっては、子供が病院で診察や治療を受けてもその医療費は無料に設定しているというところも少なくありません。

私が在住している市と隣接する2つの町でも子供の医療費は無料ということになっています。

子供が入院する可能性もそもそも低い。低いリスクに備える必要は?

民間の医療保険が支える主な事態としては入院と手術です。医療保険はさまざなケガや病気に対応したベーシックな保険で、公的医療保険である健康保険などで賄いきれない手術費や差額ベッド代、食費、交通費などを支えるものです。

では子供が入院する可能性というものが、どれくらい高いかというと0歳児などは比較的高い水準であるとしても、1歳から19歳までの年代では成人以降の入院患者数と比較しても著しく低いことが挙げられます。

可能性の低いものに優先的に保険料を預けるかと問われると考えてしまいますよね。このように子供を医療保険に加入させるべきかを考えるには、子供と医療を取り巻く状況を認識する必要があります。

子供を医療保険に加入させる必要性は低い。成人してからでも遅くない

子供と医療保険の関係を考えたときに、そもそも子供が病気やケガで入院する可能性が低いということと、子供には世代を通してもっとも手厚く公的支援が行われているという事実があります。こういった市町村や自治体の助成を活用していけば、それほど子供を医療保険に加入させる必要性は少なくなるといえるでしょう。

ただそれでもお金に余裕があって不安な人は、万が一に備えても良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする